KURAGE online | 物流 の情報

KURAGE online | 物流 の情報

「 環境 」 の情報 

開発依頼が急増の「スパースモデリング」活用AI、そのニーズとは?

物流手不足だった環境に物流量増が加わり、配送ルートや倉庫内ピッキングの効率化の必要性がより高まった。また、テレワーク推進の流れで、

谷正運輸 認証制度で選ばれる会社に、ホワイト物流を目指して

現在、ホワイト物流宣言をしている同社。今後は認証制度を取得できるように会社一丸となって準備をしていく。 「安全・環境・労務に関しは、今後

日本GLP 7年連続の国内デベロッパー最優秀賞受賞

日々変化する物流を取り巻く課題に対応すべく、新たなテクノロジーを駆使しながら、環境と地域の々の生活に配慮した付加価値の高い物流施設

第2回「2020年代の総合物流施策大綱に関する検討会」の開催

我が国の物流をめぐる環境は、口減少・少子高齢化に伴う労働力不足の深刻化、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う社会・経済環境の変化、AI・

ホームロジ/全国の委託先配送員に電動ファン付き作業服配布

今後も物流業界で働く々の働きやすい環境を目指して、改善・改革の取り組みをより一層加速させていくとしている。 .

食品卸・小売業向けセミナー/8月27日、物流コスト削減手法を解説

業態を越えた競争の激化やM&Aによる業界再編、ライフスタイルの変化といった環境の変化を迎えている食品卸・小売業界の中で、物流管理者は「

三井倉庫ホールディングス/営業収益は前年比7・3%減、経常利益は前年比1・1%増(2021年 ...

物流を取り巻く環境は、国内外においては感染症拡大防止のための経済活動の制限が敷かれ、保管残高は前年同 期比では微増を示しているものの、

郵船ロジ/非常用発電機見直しで物流センターの緊急時対策強化

ロジスティクスは8月4日、これまでの自然災害による経験を踏まえ、非常事態でも顧客の大切な貨物と現場従業員の働く環境を守り、通常業務を

企業誘致へ福島市「物流施設」立地緩和 開発可能エリアを拡大

しかし、市内の工業団地は不足気味というのが現状で、今回の措置により立地可能な区域を広げ、企業の需要に応える環境を整える。 新たに物流拠点の立地が

市政報告 スムーズな物流と快適な港を目指し、東扇島の放置車両対策を強化! 川崎市議会議員 本間 賢 ...

こうした厳しい対応により、市民生活を支え経済を引っ張る物流への障害を解消し、賑わいと癒しをもたらすレジャー拠点がさらに快適な環境となるよう取り組んで参り

Copyright© KURAGE online | 物流 の情報 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.